花粉症によって原因となる食材が違う Comment

11:27 AM on 2017年10月11日

口腔過敏性症候群は、過敏性反応を持つ花粉の構造と同じ構造を持つ果物や野菜を摂取することで発症すると言われています。特に花粉症を持っている人は注意が必要です。花粉症別に摂取に注意したい食材をまとめました。ただこれらの果物・野菜等をすべて避けなければならないということではありません。

また、過敏性の多くは新鮮な果物・野菜によって引き起こされると言われています。一部の食品では80度~90度に加熱することで摂取できるようになるものもあるので、専門医に確認することをおすすめします。ただナッツ類はあてはまらないので、加熱している場合でも食べないようにしましょう。

カバノキ花粉

カバノキ花粉やブナ花粉に過敏性がある人が果物や野菜を摂取する時には特に気をつけましょう。口腔過敏性を発症しやすい代表的な食材としては、バラ科のモモ、モモ、リンゴ、ナシ、イチゴや、ウリ科のメロン、スイカ、キュウリなど。ほかにも、キウイやバナナ、トマトなどでも発症する場合があります。さらに、果物や野菜だけでなく、ヘーゼルナッツやアーモンド、ひまわりの種などにも注意が必要です。ナッツ類や種子類は、クッキーやパウンドケーキなどに混ざっていることが多いので、購入する時は良く確認するようにしましょう。

また、カバノキ花粉症の人は豆乳にも注意が必要です。美容や健康に良いとされる豆乳ですが、実は、花粉症の人が豆乳を摂取して過敏性反応が出たという報告が国民生活センターに寄せられています。過敏性症状は同じ大豆製品である豆腐などでは発症していない場合も多く、これは口腔過敏性が新鮮な物質にのみ発症するからだと考えられています。豆乳は加工の程度が低いので、ほかの大豆製品で過敏性が出なくても、豆乳のみに症状がでることがあります。豆乳製品の表示には「大豆過敏性の方は注意してください」と表記してありますが、カバノキ花粉症の方も摂取に気を付けた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Have something to say? Jump right in!     Formatting

(required)
(required)

Close

Formatting Your Comment

The following XHTML tags are available for use:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

URLs that start with http:// are automatically converted to hyperlinks.