本文は花粉症の治療の方法についてご紹介します。

花粉症の治療の方法は薬物療法、舌下免疫療法、手術療法です。
花粉症は季節性のものなので、短期間集中的にしか花粉にさらされない状態では、身体は花粉を異物と認識してしまいます。しかし、2~5年の長期間に渡って少量の花粉アレルゲンエキスを持続的に体内に取り込むと、体内に花粉が存在し続けるので、次第に身体が花粉を異物だと思わなくなります。

花粉症の治療方法の場合は、スギがない場所へ引っ越すと、もちろん花粉症の症状は出ませんので、花粉症が完治したと考えられるでしょうが、現在のところ、花粉症を完全に治す薬はありませんが、症状を軽くするために、症状の種類や重さによって飲み薬や点鼻薬が使われます。ベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の飲み薬で、くしゃみ、鼻アレルギー、鼻づまりなどを軽くする効果があります。指示通りにきちんと飲み続けることが大切なので、花粉の飛ぶ量が少なく、症状が軽い日なども自己判断で飲むのをやめないようにしましょう。

舌下免疫療法では、花粉症の原因である花粉エキスを、ほんのわずかに持続的に舌下に投与します。それによって身体を花粉に慣らしてアレルギー症状を和らげるという治療法です。

レーザー治療が花粉症の治療方法はレーザー光線の種類 や術式の違いもありますが、基本的には、鼻内のアレルギー症状をおこす部分の粘膜にレーザー光線を照射して焼灼し、その部位を変質させることで、鼻水・鼻 づまりを押さえる治療法で、最新で最良の治療方法と誤解されていますが、本来は、鼻づまりに対する治療法です。