花粉症は日本でよく見られている疾患です。花粉症は春、夏、秋に発症します。人々にとって、非常に悩んでいます。本文は花粉症の症状についてご紹介します。

花粉症の症状が三大症状と言われ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。花粉症は花粉が飛んでいる間は続くこと、さらさらとした水っぽい鼻水が流れることといった違いがあります。一方目のかゆみ、目の充血、涙もあります。

花粉症の場合には色はなく透明でサラサラした鼻水で、鼻の奥からツーっと流れるように出てきて、気づいたらポタポタ落ちてしまってティッシュを取るのが間に合わないほどです。鼻水と深い関係にある痰も粘りはなく、切れやすいのでゴロンゴロンする痰絡みの咳は少ないです。

昔は小さい子どもは花粉症になりにくいと言っていましたが、今はスギ花粉症患者の低年齢化には数々の報告があり、1歳台からの報告もあります。

そして、花粉症の症状は副鼻腔炎などが合併することがあります。これは風邪と同様に鼻汁が粘度の高いものになり、眉間や目の下など、顔の奥の部分に重い痛みなどを感じることが特徴であるが、そうした症状を感じないこともあります。その場合検査方法も適した薬剤も異なります。特に副鼻腔炎は小児に多いといわれます。

蕁麻疹や湿疹が肌に見られる場合は、トマトに天然に含まれる化学物質、「ヒスタミン」や「サリチル酸化合物」が原因の「仮性アレルゲン」の症状かもしれません。このほか、体がだるい、熱っぽい、喉や顔、首がかゆい、集中力が低下するといった全身症状を伴うこともあります。